ゴルフの飛距離が出ない原因について

ゴルフの難しい点は、小さなゴルフボールを、小さいクラブで打たなければいけないことです。

どんなプレイヤーでも、最初はボールがうまく飛んでいかず、飛んだとしても、イメージしたような飛距離が出ないことに悩むものです。飛距離が出ない理由は様々ですが、当然ながらその理由を把握していないと改善することはできません。理由としてあげられるのは、クラブがボールにしっかりミートしていないことやミートしたとしても、最も良く飛ぶスイートスポットにあたっていないことです。さらにボールにミートした時のクラブが正しい角度や方向を向いていないことなどです。

クラブにうまくパワーが伝わっていないこと、ヘッドスピードが遅いことなども、飛距離が出ない理由としてあげられます。
ドライバーやアイアン、フェアウェイウッド、パターなど、クラブによっても、打ち方に特徴があります。体重移動を利用して飛距離を稼ぐドライバー、ロフト角で飛距離を調整できるアイアン、まっすぐな軌道でカップインを目指すパターなど、クラブにはそれぞれ役割があります。

その役割を意識した打ち方ができれば、コースをどのように攻略すべきかといった、ゴルフの醍醐味を味わうことができるようになります。