ゴルフを行う上での風の影響

ゴルフを行う上で風はつきものです。

無風状態でショットする事はむしろ少ないと言えます。

風は場所による気圧の差を解消しようとして原則気圧の高い方から低い方へと吹くもので強さは一定ではないので刻々と速さも方向も変化する事もあってゴルフをする上では厄介なものです。

微風な日も強風の日も短期間に風の状態は変化するので、ショット毎に注意深く観察してその時の風に対して調整をしながらショットを考えて打つことが肝要です。

風は追い風や向かい風、横風がありますが、ゴルフでは向かい風のことをアゲインスト、向かい風のことをフォローと言います。風の強さを正確に把握してショットの影響を正しく計算することが出来れば良いのですが、毎回正確にショットを打つ事は難しいです。

特に難しいのは向かい風のショットですが、低い弾道のドロー系ボールが有効になります。

ショットがスライスしてしまう人は風の影響をもろに受けて距離が大幅に落ちてしまうので難易度が倍増してしまいます。