キャディーの名前の歴史について

ゴルフ場でプレーヤーのゴルフクラブを運ぶ役割りのキャディーという言葉の由来として、その語源はフランス語のcadetで、宮廷に遣える人がカデと呼ばれていたのですが、これがゴルフでcaddieとして使われるようになった由来で、生後6日でスコットランド女王に即位したメアリー・スチュアートは、15歳でフランス皇太子妃となりました。

しかし彼女が18歳の時に、皇太子からフランソワ2世へと即位していた夫が亡くなり、その後彼女はスコットランドへ帰国します。

帰国後ゴルフを始めた彼女は、ゴルフに行く際にフランスから連れ帰っていたフランス宮廷の家来カデを従えていたことが由来だということです。

cadetはフランス語ですので、スコットランドでキャディーという呼び方になって使われるようになったという説がどうやら有力のようです。

ゴルフをプレーするときにキャディーさんと一緒に回るときはキャディーの名前の由来などを理解しておくと楽しめるでしょう。